「龍馬ゆかりの上町・小高坂の勤王志士たち」の企画展が始まりました

ついに7月25日より、土佐勤王党結成150年記念企画展「龍馬ゆかりの上町・小高坂の勤王志士たち」展が始まりました。
この上町周辺には、龍馬をはじめとして、ともに影響し合って活動し、維新の夜明けを見ずにたおれた勤王党メンバーが多くいます。
今回の企画展では、土佐勤王党の活動をパネルで紹介し、新聞やテレビ等でご紹介頂きました武市半平太直筆の掛軸をはじめとした貴重な資料も展示しています。
身分制度の厳しい土佐藩の社会にあって、命をかけて国のために闘った若者たちの熱い思いを感じ取って頂ければと思います。
龍馬ゆかりの上町・小高坂の勤王志士たち1龍馬ゆかりの上町・小高坂の勤王志士たち2龍馬ゆかりの上町・小高坂の勤王志士たち3

また、同時開催中の「上町の志士たち-和紙に描く藤本知子作品展-」では高知市在住の藤本知子先生が坂本龍馬、弘瀬健太などの志士たちを和紙に描いた作品7点を展示中です。
同じく同時開催中の「第2回幕末の藩工森田潤遺作展及び森田芳伯展」では、龍馬と同じ時代を生きた土佐藩最後の陶工 第8代森田潤の遺作や、その技を現在引き継ぐ 第11代森田芳伯氏の作品を紹介しています。
こちらの企画展は8月24日(水)まで開催しています。是非お越し下さいませ。


このページのTOPへ

カテゴリー: ブログ  タグ: , ,  

« | トップページ | »