8/1に依光裕さんの鏡川漁教室が開催されました

写真のあわびとかき。
大きさが分かりやすいように私の手を一緒に写してみました。
なかなか普段はお目にかかれない大きさです。
中身も相当立派なものだったと思われます。

8/1開催 依光裕さんの鏡川漁教室①

これらは今から40年ほど前に桂浜で獲れたものだそうです。
昔はこれ位の大きさのものがたくさんいたそうです。
私たちの生活が快適になるにつれて森林が減り、人々がたくさん獲ってしまったこともあり、写真のようなかきやあわびは少なくなったそうです。

森林が少なくなると水の栄養が少なくなりかきが小さくなってしまう。
(かきは岩などにくっついて動けないので、水の中のミネラルなどを吸収して大きくなるそうです)

8/1開催 依光裕さんの鏡川漁教室②

森林が豊かになると落ちた葉が腐葉土になり、腐葉土のミネラルが水に溶けだして、水の栄養が良くなる。
ミネラルを吸収してかきや海藻などが大きくなると、今度は魚がその海藻などを食べて大きくなる。
(ちなみにあわびは動けるので海藻などを食べて大きくなるそうです)

クスッと笑ってしまう話から、将来のために考えないといけない話と内容も詰まっていて、子どもさんはもちろん、大人の方にも是非聞いて頂きたいお話しでした。

次回は、8/10(日)15:30~の開催です。
是非お越しください(^_^)/


このページのTOPへ


« | トップページ | »