展示会・イベント

新資料公開「坂本龍馬立像 第12代酒井田柿右衛門作(有田焼)」
坂本龍馬立像 第12代酒井田柿右衛門作(有田焼)
【展示期間】
一回目・・・2019年2月23日(土)~4月7日(日)
二回目・・・2019年4月27日(土)~6月2日(日)
【開館時間】8:00~19:00(最終入館時間18:30)
【場  所】2階展示コーナー
【入 館 料】300円(高校生以下は無料)
※常設展の観覧料を含んでいます。
【内  容】
高知県外の個人宅から今年、高知市立龍馬の生まれたまち記念館に寄贈された白磁製(有田焼)の龍馬像を公開します。酒井田柿右衛門(第12代)の作品で、昭和7(1932)年に宮内省に献上されたもののうちの1体とみられます。白磁の美しさとともに、坂本家の家紋や大小二本の刀、袴の襞に至るまで、細部にわたる精巧な完成度にご注目ください。

コーナー展「長岡謙吉と龍馬」
【開催期間】
2019年3月22日(金)~4月21日(日)
【開館時間】8:00~19:00(最終入館時間18:30)
※4/21(日)は17:00までの開催となります
【場  所】2階展示コーナー
【入 館 料】300円(高校生以下は無料)
※常設展の観覧料を含んでいます。
【主  催】龍馬の生まれたまち記念館
【内  容】
幕末史に重要な役割を果たした土佐の海援隊士・長岡謙吉を紹介します。龍馬の秘書的存在であった謙吉は、大政奉還建白書を執筆するなど、多くの功績を残しました。その短くも波乱に満ちた生涯を、ぜひご覧ください。コーナー展では、『和英通韻以呂波便覧』、『万国公法』などの関連資料も展示します。

企画展 群像から見る幕末史vol.1「龍馬と薩摩藩 近代を切り開いた組織力」
群像から見る幕末史vol.1「龍馬と薩摩藩 近代を切り開いた組織力」
【開催期間】
2019年4月22日(月)~5月19日(日)
【開館時間】8:00~19:00(最終入館時間18:30)
【場  所】2階ふれあいホール
【入 館 料】300円(高校生以下は無料)
※常設展の観覧料を含んでいます。
【主  催】龍馬の生まれたまち記念館
【内  容】
坂本龍馬と薩摩藩の関係を軸に、同藩が明治維新に果たした役割を追います。ペリー来航以前から国力を蓄えてきた薩摩藩は、激動の幕末において重要な位置を占めていた。薩長連合、大政奉還の主軸を同藩と位置付け、その中で龍馬やその同志たち、そして土佐藩が担った歴史的役割を紐解きます。

龍馬の生まれたまち記念館年間スケジュール

期間:2019年4月~2020年3月

[ 年間スケジュール(PDF) ]

4月 3/22~4/21
コーナー展「長岡謙吉と龍馬」
4/22~5/19
企画展「群像から見る幕末史vol.1 龍馬と薩摩藩 近代を切り開いた組織力」
5月 4/22~5/19
企画展「群像から見る幕末史vol.1 龍馬と薩摩藩 近代を切り開いた組織力」
5/20~7/19
コーナー展「龍馬の伝承と無名史跡」
6月 5/20~7/19
コーナー展「龍馬の伝承と無名史跡」
7月 5/20~7/19
コーナー展「龍馬の伝承と無名史跡」
7/20~9/1
企画展「群像から見る幕末史vol.2 龍馬と会津藩・新撰組 それぞれの誠を信じて」
8月 7/20~9/1
企画展「群像から見る幕末史vol.2 龍馬と会津藩・新撰組 それぞれの誠を信じて」
9月 7/20~9/1
企画展「群像から見る幕末史vol.2 龍馬と会津藩・新撰組 それぞれの誠を信じて」
10月 10/26~11/17
企画展「角谷やすひとイラストレーション展vol.10」
11月 10/26~11/17
企画展「角谷やすひとイラストレーション展vol.10」
11/15
「龍馬生誕祭2019」
12月
1月 1/4~2/2
企画展「群像から見る幕末史vol.3 龍馬と長州藩 時代の激流の中で」
2月 1/4~2/2
企画展「群像から見る幕末史vol.3 龍馬と長州藩 時代の激流の中で」
3月

※展示会やイベントは、開催予定が変更になる場合があります。

このページのTOPへ